不動産投資の魅力とは

低金利の今の時代に預貯金での利回りを期待するのは馬鹿げています。例えば銀行に 一年間100万円預けていてもたった数円にしかならないのです。そうと解っていても投資には興味が無い・・・または、投資はリスクが大きそうで手を出すのが怖い・・・などと手を拱いている方もたくさんいるのではないでしょうか。 しかし、不動産投資をきちんと理解した上で始めれば、魅力はたくさんあるのです。

魅力1.ミドルリターン&ミドルリスク

投資手段として代表格である株式投資。「株で儲かった」という話は毎日のように身近な会話から流れてきます。事実、株式投資は短期間で非常に激しく、ハイリターンを期待できます。その反面、短期間に価格が数分の1に減少してしまったなどのハイリスクを身近にあると言うことを忘れてはなりません。
現代のたくさんの投資方法の中で、不動産投資は最も「ミドルリスク・ミドルリターン」と言われていて、たくさんの注目を浴びています。また不動産投資と呼ばれるものにも、いくつかの種類があるのです。マンションやアパートやビル等を不動産投資目的で購入して賃貸することで家賃収入を得る実物不動産投資と言われるものや、リートと呼ばれる不動産投資信託にも注目が集まっている傾向にあります。

 

一概に言うことはできないのですが、一般に物不動産投資は5%からの利回り、リートは4%の利回りとされています。定期預金などと利回りを比べてほとんどなく、リスクが低いので、ゆったりした気持ちで投資することが出来るでしょう。このような理由から「ミドルリターン・ミドルリスク」とされているのだと思います。

 

不動産投資のリスク

不動産投資のリスクにはどんなものがあるのでしょうか?どんな投資にもリスクは必ずあります。不動産投資の「ミドルリスク」の中にどんなリスクがあるのかお話していきます。

不動産投資のリスクとして、まず「流動性」が挙げられます。リートの場合なら、証券となりますので即日手放すことが可能です。しかし、実物不動産投資は簡単には手放せないのが一般的なのです。

金利の上昇とインフレ

次に挙げられるリスクとして、「金利すなわち利回りが低下してしまうということになる訳です。ただし、金利が上がり資産インフレがおきると事態は違ってきます。不動産で資産を持っていた方が結果的に得する場合もあります。

日本人の人口減少と不動産投資の関わり

その他のリスクとして、日本の人口が減少傾向にあるということが挙げられます。不動産投資は長期的なスパンが必要とされますから、投資する物件の需要が見込まれる地域、その上需要のある物件を選ぶことがとても重要になるでしょう。一時は都市回避といわれ地方都市への不動産投資が注目を浴びていましたが、最近、都市回帰現象がみられ、都心部を中心にした不動産投資(物件)へ注目が高まっているようです。


recommend

相場を参考に厳選!日本刀・刀剣買取業者おすすめランキング!

最終更新日:2018/6/25