不動産投資のメリット

不動産投資のメリット

少ない投資からスタート可能

不動産投資は自分の土地が無くても、手持の資金が少なくても、物件を購入する頭金さえあれば、住宅ローンでアパート経営ができるのです。また、住宅ローンは、アパートの家賃収入でローン返済することが出来ますから、住宅ローンが終了すれば、その後は家賃収入が利益に変わり、将来の財産形成になるのです。地方には良い物件が多く存在するので広島の賃貸など狙い目かも知れません。

私的年金の確保へ

私たちの平均寿命は長くなっているのに、国や企業から老後の生活に十分な公的年金がもらえない時代になっています。このままでは老後に対する不安が膨らむだけです。そんな時、アパート経営なら、定年後も毎月安定した収入を与えてくれます。そして不安だった私たちの老後のための「私的年金」を確保することが可能になります。

節税効果ある

固定資産税は、非住宅用地(遊休地・駐車場など)の6分の1とされています。相続税は、金融資産と比べると約40%もの減額。また確定申告を行うと、所得税や住民税にも節税効果があるのです。どちらにせよオーナーの年収や購入する物件次第で節税効果が異なりますから、事前にパートナー企業や税理士などに確認しましょう。

生命保険の代用に

住宅ローンを利用しながらアパートを購入する際、ローンには銀行の指定する 「団体信用生命保険」が組み込まれています。ですから、オーナーに万が一のことがあった場合でも、ローンの残り金額は自動的に保険によって清算されていきます。つまりアパート賃貸住宅は、無償で残された家族の所有物になり、大きな財産としてそのまま安定収入を残すことが出来るというわけです。

インフレに強い

景気が好転しえtインフレになると、預貯金等には目減り(投資による利回りよりも物価上昇率のほうが高い時に起こる現象の事)が生じてしまいますが、アパート経営の場合なら、目減り現象が起こることはありません。理由は、物価上昇や固定資産税の上昇に伴い家賃を引き上げるのが一般的だと言うことです。こうした賃金の引き上げが、目減りした預貯金をカバーしてくれると言う訳なのです。

recommend

口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

Last update:2017/10/11