不動産投資のデメリット

不動産投資のデメリット

高利回り=条件次第

高利回りかどうかは立地条件はもちろん、まず入居者がいること、そして何よりそこに住む人が希望する家賃が設定できることが条件と言えます。例えば、都心では地価が高すぎると利回りが悪くなり、逆に、郊外でもこの3条件に当てはまっていれば利回りは良くなります。このように利回りは各条件によって大きく異なってきます。まずは、利回りの高さを優先するより、少ない金額の投資で長い期間安定した収入を得ることを目的としましょう。

金利上昇リスクと換金性リスク

低金利の時代がいつまでも続くとは誰にも予想出来ません。従って、現在の金利水準を目安に投資計画を進ることや、無理な借入をすることは絶対にやめましょう。
この先万が一、金利水準が上昇した場合もふまえて、返済に無理のない投資・返済計画を綿密に考える必要があるでしょう。
また不動産投資は換金性があまりよくないので、緊急に手元に資金が必要と言うときでも、簡単に対応できないという性質があるので、これらの事を十分に理解した上で、資金に余裕をもって投資を始めていきましょう。

入居者がいなければ安定した収入は不可能

住宅の供給が旺盛な今の時代、入居者が自分のスタイルにあった物件を選ぶことが一般的と言えます。立地条件はもちろん、建物設計など、はじめの計画段階では全く予測することの出来なかった「空室問題」や「家賃滞納問題」、「賃料下落問題」が発生することもあり得るというわけなのです。
最近、入居者の募集や建物の管理代行を、企業が請け負うというスタイルが増加しつつ、この保証システムを活用していけば、万が一空室や家賃滞納が発生した際でも心配することはなくなります。

建物の老朽化や地震、火災発などのリスク

年月が経過するにつれて、建物の老朽化が進む・思っていた以上に設備投資金額が高いなど、修繕の不安はついてまわるものです。そんな時に備えて、修繕積立金を毎月の収入の中から積み立て、修繕資金をプールしておくことをお勧めします。近年パートナー会社が提案する「長期修繕計画」に沿って修繕を行えば、建物・設備の老朽化・陳腐化を防ぐことが出来ますから、まずはアパート経営を始める際に、信頼のあるパートナー企業と相談、検討する必要があるでしょう。また、地震や火災が発生した場合も考慮し、火災保険・地震保険には必ず入っておくことです。

Favorite

2017/10/20 更新